HBMとは

HBM (High Bandwidth Memory) は、DRAM モジュールの新しい規格です。従来の DDR4 メモリよりも大幅に高速で高帯域幅であるように設計されています。 HBM は、メモリとプロセッサ間のデータ転送速度のボトルネックを解消する必要があるハイエンドのコンピューティング アプリケーション向けに特別に設計されています。

HBM は、複数の DRAM ダイを 1 つのスタックに積層することで実現されます。これにより、従来のモジュールよりも多くのメモリを小さなフットプリントに配置できます。さらに、HBM は、従来のメモリよりも高速なデータ転送速度を可能にする新しいインターフェイスを使用しています。

HBM メモリは、次のようなさまざまなアプリケーションで使用されています。

データセンター
ハイパフォーマンス コンピューティング (HPC) *人工知能(AI)
マシンラーニング
グラフィックス
HBM メモリは、従来の DDR4 メモリよりも高価ですが、パフォーマンスと帯域幅が大幅に向上しています。 HBM は、ますますメモリ帯域幅が要求されるアプリケーションにとって魅力的なオプションとなります。

■HBM関連銘柄

東京エレクトロン(8035)
ディスコ(6146)
TOWA(6315)
日本マイクロニクス(6871)
東京精密(7729)

新年から新NISA開始で個人資金が株式市場に怒涛の如く流入し、
バブル後高値の更新相場に突入。

会員専用のサイトで、グロース市場を中心に新興個別銘柄の値動き、市況、株価に影響を与える個別材料・注目点・投資のヒント等をタイムリーに情報提供。
相場の流れを掴み、各種情報から投資先を選定していきたいという方におすすめです。
月末締めですので上旬にご入会いただけますとその分お得です。
お申込みはこちらから