MSCI指数、日経平均入れ替え

MSCI指数の銘柄の入れ替えは年4回(2、5、8、11月)行われる。
前回は日本株の除外は10銘柄に上り、新規採用がなかった。

今回の入れ替えで、日本の銘柄では、新規採用はSCREENホールディングス(7735.T),の1銘柄、
2023年8月以来となる日本の銘柄の採用となった。

除外は住友化学(4005)のほか、
ベイカレント・コンサルティング(6532)
大和ハウスリート投資法人 
投資証券(8984)
コーエーテクモホールディングス(3635)
コーセー(4922)
王子ホールディングス(3861)
オープンハウスグループ(3288)
東ソー(4042)の8銘柄と、今回も大幅な除外となった。

指数への反映は2月29日の終値ベースとなる。

24年、 新年から新NISA開始で個人資金が株式市場に怒涛の如く流入し、
バブル後高値の更新相場に突入。
昇り龍相場。

会員専用のサイトで、グロース市場を中心に新興個別銘柄の値動き、市況、株価に影響を与える個別材料・注目点・投資のヒント等をタイムリーに情報提供。
相場の流れを掴み、各種情報から投資先を選定していきたいという方におすすめです。
月末締めですので上旬にご入会いただけますとその分お得です。
お申込みはこちらから