13時過ぎの場味-2/28

ダウ先物は、$33,322安値と、$700安を志す場面もあったがそこからは下げ渋っている。
大幅安ではあるが、金曜の$834高を消したわけではない。
ダウの今年の安値は、2/24$32,272だった。
日足チャートでは長い下髭陽線で、1/24の当時の底入れ足に似ている。

△FRONTEO BeeX メルカリなど新興市場銘柄の上げが目立つ。

郵船 JFE 住友鉱山 川崎汽船 日本製鉄 商船三井 INPEXなど、重厚長大、オールドエコノミーの上げも目立つ。

任天堂 武田 NTT SUMCO 信越 トヨタなども高い。 

業種では、開運 鉄鋼 非鉄 鉱業 パルプ ガス 石油 空運 水産 製品の順に上げ率が大きい。

▼三井物産 JT 三菱商事 伊藤忠などロシア関連が安い。

日産が大幅安。
リクルート アドバンテ 東京エレクトロン オリンパス JR東 ソニー キーエンス
みずほ 村田 ルネサス レーザーテクなどが1%を超える下げ率

ベイカレ 日本電算 塩野義 ファーストリテイリングなども甘い。

業種では、卸売 電気 サービス 陸運 輸送が安い。