13時の場味-1/18

アメリカの10年もの金利が夜間取引で1.85%まで上げ、後場は伸び悩み。
規模別中型と小型がマイナス。
TOPIXは一時マイナス転換、現在、再度プラス。

日経VIは19.92安値から現在21近く。
プラス転換とはならず、日経平均の踏ん張りを示唆している。

△Enjin 三井ハ Fリテ レーザテック OLC HOYA キーエンス ベイカレント 
ファナック 任天堂 SBGが、後場一段高。 
いずれも後場寄り、後場寄り直後が本日高値。

キヤノンが後場伸び悩み、スノーピーク リクルートなども売買代金を伴って高く推移。

▼日本製鉄 JFEの下げが目立つ。
第一生命 三井住友 三菱UFJ みずほなど金融全面安、
三菱商事 郵政 デンソー FRONTEO シフト 日産なども安い。