10/12新興市場の場味 10時過ぎ

上海など中国~アジア市場に怯えるはずの時間帯だが、JQ マザはプラスを保つ。
二部は脱落しマイナス転換。

VIは26割れがあったが、再度27に乗せ、昨日の27.52を意識。
2月のVIXショックの記憶が新しいだけに、このVIが前日比マイナスとならないと本則市場(1・2部)は落ち着かないだろう。

アメリカの株安は、今月末決算のミューチュアルファンドの決算の絡みや税制上の理由もあり、損切りと益出しを同時執行する換金が出たことが、下げが加速した一因となっている。
この動きは、日本株は今日のSQ,米国株は来週のSQ、遅くとも今月末には収束するだろう。

△はてなが分割後、ファイズが上場来高値更新。

テリロジー 極東産機 燦キャピタルが上げ、MTジェネが凄い勢いでプラス転換。
AMI BBセキュ ハーモニック メイコー UUUM そーせい エクストリーム
夢の街 サンバイオ エヌピーシーが商いを伴って高い。

▼年初来安値は50銘柄、歯愛メディ、ケイブが下げ止まらない。

アルベルト メルカリ シフトが商いを伴って安い。

IPOデルタフライは、公開価格は下回っているが、初値は一度も割れず、さきほど一時公開価格を回復と堅調。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。