10時過ぎの場味-3/12

東証は完全な全面高、日経VI低下とパーフェクトな上げ。

さらに日経平均は、SQ値¥29282を¥100ほど上回る¥200近い上げ幅。

一部に、SQ通過で、年金やGPIFの売りが一巡した?との観測がある。
先週、今週は、¥1000億規模で売っていただけに、売り一巡は需給に好材料。

昨年12月は、Xマス前に、年金や外人などの売りが嵩み軟化したが、Xマス明けは、一転、売りが消失し上値を追ったことがあった。

今月は、期末だけに、流動性が最も高いSQで年度内最後の始末を終えた可能性は十分にある。

△中央魚類 築地魚市場など魚関連株が軒並み上場来高値。
日軽金 GSIクレオス デクセリアルズ ナガホーテック 郵船なども上場来高値。

SUMCO レーザーテック 東京エレク アドバンテスト 太陽誘電 SMC キーエンスなど日経500銘柄が高い。

sMedioの上げっぷりが目を引く。

丸紅 TDK HOYA ダイキン ファーマフーズ 9984SBG 村田 M3 ソニーが売買代金を伴って上げ率2%以上。

▼QDレーザ 中外製薬 ファーストリテ マネックス 東京海上が売買代金を伴って下げ率1%以上 

アステラス製薬 リクルート 資生堂 三井UFJ トヨタ ホンダも甘い。