10時過ぎの場味-3/4

JQ平均の9:44安値を最後に、九時半以降は下げ渋り場面があったが、
日経平均 大型株指数は10時過ぎに再度売られ、現在安。

ナスダック三尊天井、ヒンデンブルクオーメン発生、オリンピック外人客不招致、緊急事態宣言延長、9984SBGの出資先破綻?など悪い話が多すぎる。

一部に4月からの税込み価格、総額表示の義務付けは、消費増税への布石との噂もある。

日経平均安値¥29091 大型株1770 10:04で一旦、下げ渋りとはなっている。
他の指数は、九時台の安値を維持している。

△室町ケミカル KIスターなどが上場来高値。

マネックス 武田 デンソー 郵船 QDレーザが高い。
Eレックス 室町ケミ 日立造船が売買代金を伴って大幅高。

▼バリオセキュア トヨクモ インタファク まぐ Speeeなど飽きられたIPOが連日の上場来安値。

住友鉱山 9984SBGが下げ率5%以上。
ファーストリテ Z ファーマフーズ ソニー 任天堂 日本電産 レーザーテック
BASE NTT キーエンス キヤノンなどが下げ率2%以上。

9434ソフトバンク 三井物産 アドバンテスト JAL 東京エレク M3 KDDI
村田 伊藤忠 ファナックなどが売買代金を伴って下げ率1%以上。

コリー 日本製鉄 日立 JR東 信越などは下げ渋り。