9/11新興市場前引け

日経JQ平均  3,741.99  -4.83
JQ指数  161.37  -0.23
Jストック  3,069.46  -11.41
マザーズ指数  1,012.47  -2.70

プラスを保っていたJQ平均も陥落し、新興市場指数はオールマイナスで引けた。

不動産テック 太陽光発電 ロボ関連が売られた。

△テリロジ- アルベルト andfactoryが上げ、
テラ サンバイオのバイオ株がそれぞれ個別材料で上げた。

モブキャスト OKウェイブ メルカリ DMP データセクション JMCが高く前場を終えた。

▼フィンテックが大幅安で新興市場売買代金トップ。
¥149億の活況となり、全市場8位の活況となった。

GAテック シノケンがTATERUやスルガに付き合いズルっと下げた。
特にシノケンは年初来安値とキツい。

ビジョナリー ユナイテッド エクストリーム ハーモニックが安い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。