9/4新興市場13時すぎ

JQ平均が現在高、JQ指数 Jストック JQ20 マザも後を追っている。

上げ率ではマザがダントツ、JQ20 Jストックが後を追う。
ここもと上げも下げも新興市場時価総額上位銘柄が先導することが多く

ゆえにマザ、JQ20 Jストックの先行が上げでも下げでも目立つ。

△オンキョーが値上がり率トップ、いい材料だが、戻り売りも多く伸び悩む。
キャンディルなどIPOの見直しも。

メドレックス リプロセル 免疫 シンバイオ そーせいなどバイオが高い。

アドベンチャー ULS 桑山 サインポスト 地域新聞 ベイカレント マネーフォワード
ザイン IXナレッジ ドーン ユークス ビープラッツが上げ率上位。

10%以上の上げ率銘柄は11銘柄とまずまず。

▼バイオ高い中サンバイオは安く、セクター内循環物色、材料の出たもの、目新しいもの、出遅れているものを物色する流れがある。

BBタワー Abalance スキヤキ GAテクノ リビング保証 サカイ
アイサン 和心 日本テレホン シノケン デファクトスタンダード フジタコーポ
MTジェネックス エリアリンク JMC ルーデン バリューデザイン フェイスNWが商いを伴って安い。

日経JQ平均 3,796.44 +9.59
JQ指数 166.30 +0.52
Jストック 3,250.47 +9.17
マザーズ指数 1,045.75 +12.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。