TOPIX-11/18

11/11安値2004からのプラス転換、同日大引け反発で終え、底入れ機運も、
2062高値後に「岸田政権金融増税」の懸念から上髭 → 陰線 → 続落と形勢不利。
目先は明らかに小天井。

10月には下向きだった25日移動平均線2012が月初に横這いから上向き転換しTOPIXの下値を支えている。
現在2023

11/04 2055.56高値は抜けたが10月安値を起点の日足3段上げが終わった可能性がある。
目先、燃え尽きた。

月初に上っ離れし11月は前半に二度、後半も二度の戻り新値があった。

日足は11/10、三連の陰線、三羽烏からの四陰連だった。
2000前後が下値支持となり下げ渋った。

10/20の25日移動平均線回復は一日天下だったが、今月は25日線を眼下に収め下値支持にして、終始、上回っている。

25日線は上向き継続、10月末に5日線と疑似ゴールデンクロス済で、歩みは強い。

日経平均は、10月の銘柄入れ替えにより、9月末までと10月からの指数の連続性が途切れ、
その前後が別の指数のようになってしまった。
2000年にも似たようなことがあったが、また同じような愚行を冒している。

指数チャートを見るときは、TOPIXを見た方がいい。

9/14高値2120とコロナ後高値更新で青空天井だったが、
9/25 戻り高値2105から、岸田不安で1028まで下げ、Wトップ完成、おそらく2120が今年の天井。

週足は、13週移動平均線が2024まで上げ、下値を支持。
今週は終始、上回って推移している。

九月の週足は5連の陽線、その後、連陰から陽陰陽陽、
今週は、陰線、週の始値2048 → 週末2040。

8月、アフガン陥落、テーパリング&トヨタショックなどで1877.38安値、底入れ。始値1927 8月末1960と、月足陽線。
9月の月足は陽線だったが長い上髭。
10月は逆に陰線だったが、長い下髭。
11月は、2027スタートで現在、陽線。

日経平均と違って、終始、6か月線を上回っての強い動きが続いている。
8月と今月10月に一時、9か月線を割れたが、現在は上方乖離している。

10月   確定レンジ  高値2041 安値1927
11月   予想レンジ  高値2175 安値1975
12月   予想レンジ  高値2222 安値1925

~2021年末    高値2222 安値1823 
~2022年3月   高値2250 安値1750
~2022年9月   高値2300 安値1666
~2022年12月   高値2400 安値1200

2021年 2013.71 3月高値
2021年 2120.18 年初来高値
1989年 2884.80 算出来高値
2012年 692.18  平成初期バブル崩壊後安値