TOPIX月足

・TOPIX月足
バブル崩壊後高値更新の日経平均と違い2018年1月高値1911が抜けていない。
ブラッククリスマス前の2018年10月水準にやっと戻った状態。

5月末に一目均衡表の雲に戻り、11月末、コロナ相場7か月目にやっと雲脱出、
12月は雲脱出二か月目の出遅れ修正。
日経平均に比べ相場が若い。

コロナ前の上値抵抗1800は超えてきたがブラッククリスマス前の1838が頭を押さえるている。
ここを抜けば、2018年1月のVIXショック前高値1911へと向かう。

日経平均の後ろを追う。

・ボリンジャーバンド
σ1596を下値支持に、+σ1699突破から
11月末は当時の+2σも抜いた。
12月は現在の+2σ1802突破から、+3σ1905指向。
大納会では+3σに届かず、1900 2000は新年にσが上げてからの話となる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。