TOPIX月足-3/31

TOPIX 
4月前半 予想レンジ  高値2050 安値1860
4月   予想レンジ  高値2150 安値1823
5月   予想レンジ  高値2200 安値1800
6月   予想レンジ  高値2222 安値1777
7月   予想レンジ  高値2250 安値1750

~2021年9月    高値2300 安値1725
~2021年末     高値2400 安値1700
~2022年3月    高値2500 安値1666

TOPIX3月末1954で終えた。
月足陽線。

80年代バブルの高値は、2884.8だった。

その後、1991年2034.66が戻り高値。
ITバブル高値 1757.95
2007年 資源住宅バブル1823.89

2017年に、1844.05とバブル崩壊後の戻り高値更新、
2018年には、さらに1911.31高値。
2019年2020年は停滞し、
2021年3月2013.71高値と上値を抜け、ついにバブル崩壊後高値更新。
1990年来の高値水準。

2012年、安倍元総理が就任したあと、黒田総裁を任命し、
庶民に知名度の低いTOPIXよりも、馴染みのある日経平均をカチ上げる相場が始まった。

指数上昇の難易度が高く、資金量が多く必要となるTOPIXを選ばず、日経平均を選んだ安倍元総理は、なかなかの相場師だったといえる。

安倍総理主導の安倍政権の支持率を上げるための
自民・日銀、安倍・黒田の二人三脚だったが、それもどうやら終わりを迎えたようだ。

菅総理は、安倍元総理に比べ、株価への関心が低いこと、
日銀も安倍派が減ったこともあり「日経平均贔屓」は終焉したようだ。

今後は日経平均よりもTOPIX重視の相場になる可能性がある。

昨年10月1577.45安値から加速したTOPIX上昇は、
今年1月1885.93高値あって、1月末1808.78
2月1974.99高値あって、2月末1864.49
3月は安値1859.88から3/19高値2013.71

2連の月足陽線を建てた直近二か月は長い上髭、今月も上髭が入り一本調子の上げとはなっていない。
日経平均は逆に陰線だった。

とはいえ、一月の陰線は薄く、その前の二本は陽線という「一陰介在四陽連」の形は、20年11月の陽線幅の大きさからみて五年に一度の大相場だ。

震災後2012年から始まった相場では、自民政権奪還を挟み
12年8月~バーナンキショック2013年5月の陰線上髭まで、実に、9陽連を出した。
その後2015年8月までさらに二年間、上げた。

3/19日銀会合を受け急失速し3月陰線で終えた日経平均とは対照的だ。

NT倍率をネタにして、先物で、日経平均カイ・TOPIXウリの合成ポジションを、
組んでいたムキが慌てて、反対売買をしたことから、3/19の日経平均は急落。
TOPIXは逆行高でバブル崩壊後高値と珍しい動きになった。
出来高21億株、売買代金¥4.44兆の活況。
大規模リバランス、グレートローテーションが感じられた。

が、3/24は日経平均が足を引っ張り下値1924.98で、25日移動平均線を割れる場面もあった。

3/25は25日移動平均線を超えて始まり、黒田「明日の株価が楽しみ」発言で日足は陽線を建てた。
翌日、26日は続伸し、二陽連から5日線を回復し3/29権利付きで2005.75高値を付けた。
30日17ポイントほどの権利落ちした。

・TOPIX月足
先にバブル崩壊後高値を更新した日経500、日経平均の後を追い、
2018年1月高値1911突破から、30年ぶり高値2013に進んだ。
出遅れ修正。

コロナ彼岸底から、5月末に一目均衡表の雲に戻り、
11月末、コロナ相場7か月目にやっと雲脱出、
雲脱出から、5か月目にして上げ足加速。

前年12月にコロナ前の上値抵抗1800を超え、
今年の2月に、ブラッククリスマス前の1838
2018年1月のVIXショック前高値1911も超えた。

VIXショック前高値1911を頭とする週足三尊天井も否定した。
左肩2015年1702、右肩2017年1747

今まで、日経平均の後ろを追う相場だったが、
これからは逆になるかも?しれない。

1991年戻り高値2034.66を目指す。

TOPIXが上げる相場は、一般投資家が儲けやすい相場。

日経平均が千円下げても持ち株が下がらない、
日経平均が上がらなくても持ち株が上がるという現象が、四月以降、出てくる可能性がある。

・ボリンジャーバンド
σ1722、+1σ1859を見下ろし、
+2σ1995を一時、上髭で超えてきた。
+3σ2132を目指す相場。

・パラボリック
コロナショックで2020年3月に陰転し、
8本の陰転更新をしたが、11月に陽転、
2021年3月で△5本目の陽転。

・新値三本足
コロナショックで陰転四本、1406まで下げた。
その後、△陽転し、五本目。
今月終値1954が△更新値となる。
▼陰転値1804.68