週末13時半の場味

ダウ先物の動きに左右され神経質な動き。
日経平均は¥100強の小さな値幅の中でプラスになったりマイナスになったりしている。
日経300先行の上げ、2部 Jストック JQ20がプラスになってきた。

マザーズ指数は後場の高値近辺、安値1199から、朝の高値1251に迫る時価1246と下げ渋り。
REITはプラス転換目前、日経VIは小幅低下。

△Fリテだけでなく、ファナックや中外製薬 BS SBG ダイキンなども日経平均の上げに貢献している。
バンダイナムコ キッコーマン 日産化学 電通も寄与。

後場、フュージョン クレア フォスター JIG-SAWの上げが目立つ。

▼東京エレク 日立建機が日経平均にマイナス寄与。

日立建機は、産業革新機構の出資報道が嫌気されている。日立が安目を売るとの観測。
すららネット SHIFTと共に下げの主役。
ZOZO オイシックス メルカリ スクエニ ブイキューブ GMOGS
BASE ディスコ Z MDV リバー 任天堂などが売買代金を伴って安い。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。