水曜前引け-7/20

日経平均は意外高、11:29¥27,604高値とほぼ高値引け。
5日続伸、主力ハイテク、半導体、ネガサの上げ。
コア30 TOPIXもなかなかの上げっぷりだったが、日経平均ほどの強さは感じられなかった。

日経VIも上昇し株価指数はパーフェクト高。

日経平均 TOPIX JPX コア30などは軒並み2%強の上昇。
グロースコアは+2.78% 
TOPIXなどほかのプライム市場指数 マザーズは1%後半、STDは1%に満たない小幅高で前場を終えた。

SOXの4.6%高が効いている。
世界的に半導体関連が全面高になっている。

欧米株高、時間外のネットフリックスや米株価指数先物の価格上昇などを好感。
円安一服、原油小動き、米経済指標が予想の範囲内という事から、中銀イベント前に空売りを買い戻す動きもある。

日米ともに明確な株高の理由がハッキリしないことが、逆に地合いの好転を表している。

△プライム市場の年初来高値101銘柄、全市場157銘柄 上場来高値13銘柄
S高は、CCT ジェイック 中央製作(名)サイジニア

▼ナノキャリアがS安、卵巣がんの遺伝子治療薬の試験終了でショック安。

年初来安値17 光村印刷 昭文社 オリムピック 要興行 ザッパラス 特殊電極 東洋精糖 塩水港など。

上場来安値は、ヌーラボ 247 グッドパッチの3銘柄