日経平均-3/4

週足の一目均衡表、雲割れや、
¥26,000割れが常態化しつつある。
¥26,500以上の滞在を否定する動き。
25日移動平均線に、終始、頭を押さえつけられている。
現在の25日移動平均線は¥26,912

ウクライナ開戦ショック安値¥25,775を本日、一文、割れてしまった。
¥25774.28安値。

日足は1月に連続陰線など悪い足が目立っていたが、1/28に変化し戻りを試していた。
2/10に一時、当時の25日移動平均線を超えるもそこが戻り天井。
本日は下方窓開けの長い陰線を出し、チャートは激しく悪化。

10月高値¥29,489など¥29,500前後の抵抗は、当面、手が届かないだろう。

日経平均の下げは21年9月からもうすぐ半年、
半値戻り程度の反発を、春~夏に期待する姿勢も持っておきたい。

高値¥30,795 → 安値は¥25,774と仮定し、下げ幅¥5021、
半値戻りは値幅で¥2510高、日経平均¥28,285目標となる。

週ベースでは続落となろう。
2月は、5週ぶり反発からの続伸で始まり、その後、三週続落。

週足は、三連陰。
前週の長い下髭を実態で突き進んでいる現在の下げは非常に悪質。

78週線¥27,795は戻り抵抗と言うには遠すぎる。
100週線¥26,453さえ割れてしまった現状は非常に悪い。

今週、反発が続き、3月安値が、¥26,000強であれば、1月安値と2月安値に対し、逆三尊の底を形成し、夏に向けて、大反騰相場を演じる可能性があったが、どうやらその意思は消えたようだ。

月足の24か月移動平均線¥26,303割れは非常に不吉だ。
端的にコロナ・バブルの幕引きとなる。
二年規模の下げ相場入りの可能性があり、
¥25,000、¥24,000でも慌てない体制を作っておこう。

2021年
9月   確定レンジ  高値¥30795 安値¥28179
10月   確定レンジ  高値¥29489 安値¥27293
11月   確定レンジ  高値¥29960 安値¥27819
12月   確定レンジ  高値¥29121 安値¥28791
2022年
1月   確定レンジ  高値¥29388 安値¥26044
2月   確定レンジ  高値¥27880 安値¥25775

3月   予想レンジ  高値¥28000 安値¥25555
4月   予想レンジ  高値¥28500 安値¥25250
5月   予想レンジ  高値¥29000 安値¥25125
~2022年6月 予想   高値¥30000 安値¥25000
~2022年12月 予想   高値¥30500 安値¥24500
~2023年12月 予想   高値¥31000 安値¥24000
~2024年12月 予想   高値¥33000 安値¥23500

2021年高値 ¥30795.78 
1989年高値 ¥38957.44 史上最高値