日経平均 日足

七月末の日経平均¥629安、¥21710からの上昇相場。
14日のミニSQに向けた動き。

本日高値¥22873も、7/15¥22965 7/21¥22925の戻り高値を上値と意識し、
6/9¥23185に届かぬ夏相場が続いており¥23000は近いようで遠い。

コロナ前、2月に揉み合った2/3安値\22775→2/6高値¥23995→2/25寄り付き¥22949も上値を抑えている。

彼岸底からの上昇は一服。
3/19¥16358で底入れ、戻り相場は5か月目に入った、コロナ禍相場は半年。

6/8¥23178高値引けで、目先の上昇エネルギーは終焉の機運が漂っている。
¥23000の重さが感じられるが、¥22000割れ否定の意思は強く、
当面はこのレンジ内だろう、割れても超えても数百円レベルだろう。

¥22222が均衡ラインになりつつある。

コロナ騒動が加速した2/28~3/6にもみ合った¥20613~¥21719、
PBR1倍の¥21000前後、200日線¥21969が下値支持となる。
日足一目均衡表の雲¥22108も下支えになっている。

なだらかに上昇している200日線¥21969に支えられた右肩上がりは維持している。

100週移動平均線¥21704も下値支持。

ナスダックの上昇が一服、ダウが追い上げる動きは、セクターローテーションの流れ。
ハイテク売り、出遅れ株買いの流れが指数に影響しそうだ。
ハイテク比率の高い日経平均は不利、出遅れ株比率の高いTOPIX優位となる可能性がある。

位置的に、悪材料に反応しやすくなっており、6/11  日経平均¥652安、6/15¥774安。7/31¥629安、4/1エイプリルフール安の¥851安のような下げは頻発するだろう。

行使価格¥22750を上値意識したミニSQに向けた相場。

ストキャスは高値圏だが、ボリュームレシオ65、大商い株占有率21.7%まで低下しており、過熱感は薄い。

夜間取引を含む日経平均先物の足では、大陽線からのギャップアップ上髭陰線となりつつあり、今日の引け味次第では、夜間市場の先物高値¥22795が目先の天井形成となる可能性を孕んでいる。
天井否定の為には、先物大引け¥22630以上、または、少なくとも日中の寄り付き¥22600を超えての大引け。
明後日14日は、ミニ先物とオプション8月限のSQとなり、今日明日は荒れやすい日柄。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。