新興市場 13時の場味

新興市場は、軟調。
グロース不利、バリュー優位、新興市場、ナスダック不利、ダウ、日経平均優位が続いている。

コロナワクチンのニュースが相次ぎ、ウィズ・コロナから、アフター・コロナの関心が向かう事も新興市場投資を萎えさせている。

とはいえ、上場来高値を更新、S高となるIPOが出るなど、個別物色意欲は旺盛。

高所得な大企業のサラリーマンが休暇に入っている上、里帰りや海外旅行、レジャーを自粛し、専業トレーダーと化している事からの参加者増加も感じられる。

△ティアンドエスがS高、DMソリュはS高買い気配値付かず、インサイトがS高、
6159ホープ モダリス フロンティアM リボミック 不二精機 ビザスク YSフード
Sシャワーが値上がり率10%以上、 
アイビー リグア フルッタフルッタ トレードワークス 静甲 ギガプライス
サン電子などが新興市場値上がり率上位

新興市場、年初来高値は9銘柄。ULS フロンティアMなど。 
田中建設 サンアスタリスク ティアンドエス モダリスなどが上場来高値。

▼豊商事 AmaziaがS安。
新興市場、年初来安値は、JSSのみ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。