新興市場 週末の前引け-7/2

IPO活況、、個別物色意欲旺盛、半導体軟調。

JQ20は下げたが、JQ平均やマザーズ指数など他の新興市場指数は全面高。

マザーズ指数は100日移動平均線1194を下値支持に下げ渋り、再度上値抵抗、200日移動平均線1208を意識の1204高値。

△カルナバイオがS高買い気配値付かず。
INEST EMネット IBが上げ、ベイシス セレンディップ アイパートナ 電解
Gネク Enjin ステムセルなどIPOが全面高。
PSOL 三つ知 ランシス スマレジ JTOWER FFJなどが新興市場値上がり率上位。

電解が圧倒的売買代金TOP、¥218億の活況。
ステムセル INEST シンバイオ セレンディップ プラスαが上げ、ベイシスは前引けS高。
Enjin アイドマ JTOWER アイパートナも活況だった。

▼Pアンチ ワークマンが下げ、フェローテック オキサイド 大泉 大有機など半導体関連は全面安。

NexTone ウェルスナビなども安く金曜前場を終えた。