新興市場 月曜日-11/15

JQ20は、コア30とともに上げ率1%以上。
マザーズ JQ平均は上げ率で劣る。

△シンバイオ 壽屋 エネチェンジ 4371CCT ホットリンク 中村超硬 SUSなどが買い気配寝付かず。
随所で好材料、好決算をはやす動き。
月曜とは思えない物色意欲。

バンクオブイノベ PKSHA ブシロード MRTなどが上げ率20%以上。

ユミルリンク KIYO cotta ポート エンバイオ アズームなども上げ率15%以上。

Chatwork スペース グローバルウェイ 日本一 ベイシス フェローテック
ホスピス メタップス アドベンチャー MacbeeP 内外テック アルファポリス
プラスアルファ ヴァーチャレクス アライドアーキ サンワカンパニーなど上げ率10%以上は新興市場だけで34銘柄となっている。 

▼Waqoo 7699OPS ニューラル Kaizen オークファンが売り気配。
負の決算プレイも随所で行われている。
二極化相場。
7080スポーツフィー ZUUが大幅安、ロボペイはよってからS安。

PXB フリークアウト グッドスピード ロジザード テイン アサカ理研 バイセル HPCシス
I-ne TSIなど18銘柄が下げ率13%以上。 
フーバー インパクト セルム インテMまど下げ率10%以上は27銘柄と多い。

毀誉褒貶相場。