後場寄りの場味-7/22

海運株高が全体のムードを好転させている。
好業績発表銘柄が同業他社に波及し、さらには、港湾や倉庫など周辺業種にも買いが波及している。
海運は、5%超の上げ率

サービス、金融なども高く、△18業種がプラスとなっている。
値下がりは▼14業種に減ってきた。変わらず1業種。
下げ率TOPのガス2.5%を除けば、他は1.5%安以下の小幅安。

マザーズ指数のチャートが昨日から急速に好転している。
グロースコア指数はさらに力強い動きをしている。
米SNAPが時間外で急落している割に強い。

短期志向の個人投資家が、小型、カタカナ社名、新興市場、マザーズ グロース 旧ジャス、旧二部、スタンダード市場銘柄 IPO銘柄などに買いを入れている。

△川船 郵船 商船三井など海運はセクターごと全面高、
モイ Wスコープ など個人好みの銘柄が活況。

リクルート ルネサス キーエンス 三井松島 ベイカレ 富士通 ディスコなどが売買代金を伴って上げ率1%以上 
東京エレク 楽天 ソニー 村田 ダイキン レーザーテク OLC 三菱UFJ NTTも高い。

▼東電 レノバ 三菱商事 INPEXなどエネルギー関連が安い。
大チタも甘い。
ホンダ 日本電産 東京海上 三菱重工 武田 メルカリ 三井住友も下げている。
シンワワイズは小動き、軟調。