前引け-2/5

日経平均  28,730.97  +389.02
TOPIX  1,886.81  +21.69

日経JQ平均  3,834.64  +9.61
JQ指数  185.57  +1.14
Jストック  4,030.77  +37.02
マザーズ指数  1,259.05  -3.25

日経平均は11:27¥28750高値と次第高で、前引け高値引け目前の動きだった。
大型株主導の上げ、TOPIXはやや上げ率で劣った。
2部やJストックも前引け間際に本日高値。

マザーズ JQ20を除く東証指数全面高、日経VIは低下でほぼパーフェクトな上げ。
日経VIは。10:54 20.23安値。

アフターコロナ、コロナダメージ銘柄、バリュー

東証1部の出来高概算7億株、売買代金¥1.49兆、
2部¥352億 マザーズ¥827億 JQS¥250億 REIT¥285億だった。

△昭和電線 三井ハイテク 富士急 エバラ食などが上場来高値。

マツダがS高など出遅れ株、バリュー株が反撃開始とも言える反騰相場。
グレートローテーションの気運もある。
和心 UACJ シンバイオ アトラがS高。

スクロール マネックス ペプチド DNC 三井ハイテク セガサミー ソニー
日立 NTTデータ オープンハウス スシロー コナミなどが昨年来高値。

マツダ ファーマフーズ 三菱自の上げっぷりが目立った。
NTTデータも高い。
スバル 日産が大幅高など自動車前面高。ホンダ トヨタも高い。
JAL ANAの空運、JR各社など運輸が全面高。
テルモ ソニー リクルート オリックス BASE 9984SBG 東芝 任天堂
9434ソフトバンク みずほなどが売買代金を伴って上げ率2%以上。

▼株の昨年来安値は見当たらない。株のS安なし。上場来安値ももちろんなし。

メルカリ イビデン レーザーテック M3 太陽誘電などウィズ・コロナ銘柄、コロナ禍人気株の下げが目立った。

太陽誘電 パナソニック 村田 東電 TDKなども安く前場を終えた。