前引け-11/13

指数

日経平均  25,245.92  -274.96
TOPIX  1,697.43  -28.80

日経JQ平均  3,587.89  -14.60
JQ指数  172.55  -0.66
Jストック  3,717.88  -20.24
マザーズ指数  1,230.84  +9.38

場味

TOPIXは、1.67%安で後場の日銀ETF買いは濃厚。
今月初?の日銀出動となりそうだ。
日銀介入なら、先月、10月の28~30日に三日連続介入、¥701×3日の介入以来となる。

マザーズは逆行高、JQ20もわずかに高い。

今年の1月、2月を思わせるコロナ関連銘柄、それも当時は新型肺炎関連と呼ばれていた銘柄群が高い。

東証1部の出来高6億株、売買代金¥1.39兆とミニSQの割に少なく、このままなら昨日を下回り、月曜レベルの商いで週末を終えそうだ。

2部¥301億、マザーズ¥1522億、JQS¥330億、REIT¥190億の売買代金だった。

新興市場

マザーズ逆行高。JQ20も0.1%だが上げた。

マザーズのウィズ・コロナ、中心処が買われた。
騰落は、△84▼233と、下げ優勢で一部の高寄与率銘柄がマザーズ指数を押し上げた格好。

△グローバルウェイ アルファポリス ケアネットがS高買い気配値付かずで前引け。

ポート アンジェス リネット AIインサイド BASE CRI トランス
Jストリーム KIYO ACSL スマレジ Chatwork リブワークなどがマザーズ値上がり率上位。

アンジェスは週足の戻り抵抗、¥1500に接近の大幅三日続伸、三連の日足陽線で100日移動平均線に急接近。

AIインサイド¥201億、アンジェス¥173億、BASE¥151億の活況。
ラクス KIYOまで新興市場売買代金TOP5が揃って高い。
HENNGE Jストリーム メドレー RETTY 出前館 MTG 中京医薬
すららネットが売買代金を伴って高く終えた。

▼不二硝子が反落、高値¥3115 → 2382と荒い動き。

カラダノート JTOWER メルカリ イグニスなどが安く週末金曜の前場を終えた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。