前引けの場味-8/5

日経平均先行でプライム、スタンダード市場は堅調。
マザ・グロ、REITは下げた。

プライム市場の出来高6.1億株、売買代金¥1兆4227億、
STD¥454億、GRT¥693億。

△UACJ アイロムが上げ率20%超、
クラシコムは前引け¥1720、公開価格を初値が上回り、前引けはVWAP¥1657超過と堅調に終えた。

ここもと坪田ラボ、HOUSEI、日本デジタルシステムズとIPOは上場後、堅調なものが多い。
適度な上場企業数、小ぶりな吸い上げ資金が奏功しているのだろう。

中山製鋼 有沢 加賀電 大チタ 光彩 プラットが上げ率上位。

クラシコム HOUSEI 大チタ スクエニが人気だった。

邦チタ HOYA 丸紅 SUMCO 任天堂 アドテストなどが上げ率3%超。

▼商いを伴って目立って下げたのは、シスメックスくらい。
BEENOS ユーザベース BASE GMOR 日本精密が1割安。

マツモトが大幅安。
青山財産 シュッピン ムラキ MKシス JテックCなどが下げ率上位。

GMOメディ GMOペパ GMOテック GMORなどGMOグループ全滅。

JBS メルカリ Wスコープ INPEX ホンダ ENEOSなどが下げ率1%以上。