世界的自社株買い増加

金融引き締めで株価が下落し、世界の企業が自社株買いを増やしている。
2022年1~10月に企業が公表した自社株買いの計画は約7500億ドル。
4年ぶりの多さ。
株価下落で企業に対する還元圧力が株主からの強まっっている。

来年は世界的バブル崩壊の懸念も。