マザーズ10時-9/21

恒大ショックで調整。
GAテクノ・ショック?太陽光発電の産地偽装ショックなどマザーズ内部崩壊も手伝う。

9/14戻り高値1194.88あって終値1187.83が日足の戻り天井。
上値追い中断。

週足は、52週線移動平均線1192を一時、超えたが結局これが天井になった。
13週移動平均線1127を本日、下髭で割り込んだ。

9/10に26週移動平均線を超え、ここからの一段高9/14天井だった。

52週移動平均線1192はワンタッチ、ザラバ心理抵抗1200 7月高値1210が重石。
一目均衡表の雲上限1233が一時、視界に入ったが、遠のいた。

ストキャスは1150割れで推移するとノーマル%Kが下向きに転換する。
天井を形成した可能性があるが、一過性なら、連休谷間~月内に戻り天井形成もありうる。

サイコロやRSIでは、9月中は戻り余地がある。
パラボリックは前週に陽転し二週目。まだ陽転継続する。

ボリンジャーでは、σ1150を割れた為、+1σ1207は断念、-σ1096意識。
+2σ1262 +3σ1317は下降トレンドが続き、本格上昇を拒む。

新値三本足は陽転一本目、前々週の終値1177が陽転継続の更新値。
今週の更新は困難になってきた。

日足の200日移動平均線1179を超えたのは、三日だけだった。
9/16、終値で割り込み、100日線1139 75日線1137を意識している。
25日線は1116

今年の5/06に200日線を割り込んで以降、終始、抵抗となっている。
ここを超えての大引が続けば、マザーズは一段高が期待できる分水嶺だった。

まずは25日移動平均線1116意識の調整入り。

△インティM ビートレンド ブランディング ユニネク Bエンジ イオレの6銘柄がプラス。

今日のような地合いで、プラスとなる銘は、その後に活躍する可能性が高い。

▼フリー BASE メルカリ ウェルスナビ Appier そーせい JMDC アンジェスが寄与率1以上。

メディア GNI ブレイド ビジョナル FRONTEO ヘンゲ プラスアルファ ユーザベース
ライフネット JIG-SAWもマイナス寄与。