マザーズ9時半-9/28

マザーズ指数は2.3%安、地合い悪化で真っ先に率先して下げるいつものパターン。

全体に改めて地合い悪化の材料が出たわけではないが、各種イベントを控え、ポジション調整、手仕舞い、リスク回避、利益確定など様々な理由で売りが出ているようだ。

前日の海運株が軒並み上髭で高値形成したことなども微妙に悪影響している。

△ユーザベース ココナラが、0.2程度のプラス寄与、
サーキュレーション クラウドワークス リビン保証 ウィルス カイオム サン* ベルトラ 
ITブック グッドパッチ アタオ カオナビ Gオイスター Enjin シンメンテ 旅工房 ベストワンなどがプラス寄与。

▼メルカリ -4 FRONTEO-2.4 ビジョナル―2.3が、マザーズ指数マイナス寄与率の御三家。

メドレー Appier JMDC JTOWER アンジェス Pアンチ ウェルスナビ
HENNGE JIG-SAW BASE 弁護士 FRONTEO そーせい プレイド PKSHAなどもマザーズ指数の足を引っ張っている