マザーズ指数-11/5

マザーズ指数は、三角持ち合いから上に離れている。

日経平均と同じく10月末に向け煮詰まり、8月安値以降の下値切り上げの流れで、上値を切り上げた。

右肩下がりの200日線1167にはまだ押さえつけられているが、トライする意欲は感じられる。
5日線1134 25日移動平均線1114 75日線1112などとの絡み合いに終止符を打ち、10/05 安値1054起点の日足二段上げに入っている。

5日移動平均線の上昇転換から25日、75日も横ばいから上昇に向かいつつある。

週足で1100が固くなってきた。

8月安値993を中心に5月安値、10月安値が逆三尊になっている。

10月安値1054は、100週線1055を維持して終えた事から底入れ感が出ていた。

9/10に26週移動平均線を超え、9/14当時の52週線移動平均線1192を一時、超えた1194.88同日終値1187.83が戻り天井になった。
ここを超えれるかが当面のポイントとなる。

13週移動平均線1119を下値支持とし、78週線1146通過から、52週線1175 200日線1167を目指す動き。