マザーズ 月曜 寄り付き-10/25

自民、静岡で敗退を受け、全般に甘い中、マザーズは下げ率1%以上と特に甘い。

200日線1171に押さえつけられた状態。
一時、超えていた5日線1120 25日移動平均線1118 75日線1117などを再度、すべて割り込んでいる。
いずれも右肩下がりで、10/20戻り高値後の安値更新中。

前々週には週足で陽線を建てていた。
3週前は、上髭なしの陰線ながらも長い下髭、安値1054から、100週線1055維持で終えていた。

9/10に26週移動平均線を超え、9/14当時の52週線移動平均線1192を一時、超えた1194.88同日終値1187.83が戻り天井になった。

2020年10月以降、高値安値を切り下げる右肩下がりだが、8月安値993を維持している
10/08 1054安値を維持すれば、下値切り上げ、逆三尊の底値形成の可能性ある。

13週移動平均線1111をはさみ、 78週線1132も超え、200日線1141を目指す動き。
h

時価総額上位、バイオ、信用買い残の多いもの、ネガサが安い。

△ウェルスナビ ココナラ 電解の強さが目立つ。

TKP ナノキャ アイドマ GAテク サンアスタリスク シンメンテ 識学 アールプランナー HPC くふう ログリー ブレインズ ホットリンク ステラファーマ
スマレジなどが寄与率上位。

▼フリー メルカリ BASE アンジェス JMDC GNI そーせい ビジョナル
ユーザベース サンバイオ エネチェンジが指数マイナス寄与上位。

メドレーは外資が格下げ。

HENNGE オキサイドが下げ、グローバルウェイは売り気配。
ジモティー Pアンチ ケアネットが甘い。