マザーズ 大発会前場

2022年、始値994.61から、高値995.66あって、一時安値974.99

新年早々、日足は大陰線の包み足、寄りで回復した五日移動平均線を大きく割り込んでいる。

△日本電解は大発会から上場来高値¥5890マーク。
大泉など送電線関連が全面高。
JMCがS高など自動車ソフト関連が全面高。

QDレーザ そーせい ステラファーマ アルファポリス ALBERT アスタリスク
Enjin MDNT 霞が関キャピタル AB&C サンバイオなどが上げ、JMC メイホーはS高買い気配。
SUS Sイノベなども高い。 

▼メルカリ ビジョナル リビミック フリー セーフィー アンジェス Apopierなどがマザーズ指数にマイナス寄与。

ココナラ Pアンチ JTOWER プレイド JIG-SAW ケアネット GNI
PKSHA HENNGE ヘリオス カオナビなども甘い。