■買い安心感広がる~個別ニュース~■■

■寄り付き状況
ダウは続伸。
11月開催分のFOMCの議事要旨で、
多くが利上げ減速を支持していることがわかり、
気上げ減速期待が広がった。
金融引き締めへの警戒感が後退し、
買いが優勢となった。

日経平均始値は前営業日比257円98銭高の2万8373円72銭。
米株高で買い安心感。

■個別材料
☆企業
商船三井(9104)クルーズ船に1000億円投資 コンテナ依存脱却、観光にも注力 社長「まずは2隻」
三菱UFJ(8306)東南アジアでノンバンク買収 870億円(日経など)
日立(6501)イタリアの鉄道制御システムを受注 最大1260億円
塩野義(4507)製を承認 コロナ軽症用飲み薬、国産初、来月初にも供給
MS&AD(8725)国内生損保で6300人削減 25年度末までに 人口減で市場縮小
トヨタ(7203)世界生産6%減 12月、半導体不足続く
シダックス(4837)特別委員会立ち上げ 給食の協業先検討
ロイヤルHD(8179)の「てんや」値上げ、天丼530円から560円に
博報堂DY(2433)食品・化粧品開発に参入 三井物産系に出資
パナHD(6752)欧州の空調、売上高3倍、25年度までに2000億円
三菱ケミG(4188)EBITDA比率18%以上へ 1000億円事業縮小を検討 26年3月期めど、低収益品で
タムロン(7740)年間配115円に 今期33円増 
森トラストR(8961)と森トラホテル(3478)合併 来年3月 総合化で安定と成長狙う
コスモHD(5021)株の保有比率19.81%に 旧村上ファンド系
IHI(7013)米新興に出資 アンモニア関連技術獲得
東芝(6502)再建策で5年後の再上場検討

■決算情報
アヲハタ(2830)今期55%減、一転最終減益